ズワイガニも本当は北海道産が美味しいのです!


ここだけの話ですよ、私は北海道に住んでいるのですが近場の居酒屋の常連さんにお魚関係の問屋さんの人がいるのです。カウンターで隣り合わせになるとお話をするのですが、蟹の話を聞いたのです。へ〜、と驚いたのは「根室からズワイガニを北陸に輸送している」という話です。まあ考えてみると牛たんの街と言われる仙台がアメリカ牛肉の輸入禁止に反対をしたりとか、明太子は北海道で作っていたりとかありますので、そういうのを考えると不思議でもないのかも。。

 

ズワイガニと言えば北陸、なんですがね、でも実は・・・

蟹も地元北海道では人気の蟹は何かと言われるとやっぱり毛がにですね。これはダントツです。それからタラバガニですが、居酒屋ではどちらかというと観光客向けの感じもありますかね。タラバの脚の焼いたのなんかは美味しいですが、でも浜茹での方が人気がありますかね。ズワイガニは浜茹でで食べるのはあまりないのかもしれません。どうしてなんでしょうね、美味しいのですが。単に慣習的なものなのでしょうか。

カニしゃぶしゃぶ用むき身


ズワイガニの向きは本当に便利ですね。毛がになどの浜茹での場合は食後の処理がけっこう面倒なものとなります。ゴミ的にもそうですし匂いも出ますよね。でもカニしゃぶしゃぶ用のむき身の場合はこの問題が軽減されるのが主婦にはとても嬉しいことです。それに美味しいですしね。で、カニしゃぶと言えばもちろんズワイガニです。年末・年始にはもの凄く売れるのがズワイガニのむき身ですが、低価格帯のものから高級料亭向けのものまで通販で扱われています。

カニしゃぶしゃぶ用むき身は

 

ずわいがに人気通販ランキングをご覧ください!

ポーション

ズワイガニの脚の部分(ポーション)もかなり激安なものがあります。年末のホームパーティーやお正月の食卓ではとても重宝します。そのまま食べても良いですし、料理に使っても良いので幅広い用途という面でも便利です。

ズワイガニの爪

爪の部位を集めたセットものもあります。蟹の身が一番美味しいのは爪という人も多いですよね。その美味しい部分だけを狙い撃ちです。

 

上でご紹介した部位(ポーション)はいろいろな料理に使い勝手が良いですし、鍋にも手軽です。急なお客さんが来てもバッチリ!です。北海道のズワイガニを届けてくれるお店をチェックしてみてください。

ズワイガニの通販で人気なのはコレ!


ズワイガニは鍋によし、天ぷらなどの料理によし、そして茹でてよしと広くいろいろな食べ方ができて良いですよね。オールマイティーさでは蟹の中で一番なのがズワイガニかもしれません。

 

そして値段の面でもズワイガニが一番リーズナブルなものが多いですよね。まかない用、わけあり、業務用といろいろなセットもありますので通販ではかなりお得にお取り寄せすることができますよ。

 

 

私は最近、ズワイガニのむき身の方をよく利用するようになってきました。

 

その理由は料理に使えること、カニしゃぶがマイブームとなっていること、などいろいろとあるのですが、1番の理由は「甲羅、殻」が外されたむき身は生ゴミが少ないという想定外の事実に気がついたからです\(^o^)/

 

蟹の欠点と言えば食べてる時は良いのですが生ゴミになると臭がキツイという悩みがつきまとうのですが、これが大幅に軽減されるのですよね。この楽チンさを一度味わうと毎回、むき身にしたいところです(笑)

ズワイガニについて

「ズワイガニの旬」

ズワイガニは、オスメス共に獲れるのは、10月1日〜翌年5月31日とされていいて、富山県以西の海域では、メスガニは11月6日〜翌年1月10日が漁期で、オスガニは11月6日〜翌年3月20日と定められています。富山県以西の海域では、メスガニの漁期は11月6日〜翌年1月10日までとなっていて、オスガニは11月6日〜翌年3月20日までと漁期が定められています。新潟県以北の海域では、オスメス共に10月1日〜翌年の5月31日までの漁期となっています。

 

ズワイガニは、資源保護により、獲可能量制度が敷かれていて、漁獲量の上限が決められているのです。ズワイガニの旬は、一般的には11月から3月までとされています。春先は産卵の時期になるので、基本的に漁はなされません。漁期制限があることから、ズワイガニの旬の時期は一般的には冬場ということになります。そうなるとズワイガニの旬は、冬に決まりということになりますが、実はこれは日本海で獲れるものに限定されます。北海道では、春の4〜5月が旬になります。旬のズワイガニの魅力は、甲羅が大きくて、固くしっかりしていて、身入りもよく、甘みがあるところです。

 

ズワイガニは北陸?北海道?

ズワイガニと言えば、やはり、カニの産地である北海道がおすすめです。北海道の産地直送のズワイガニは、身入りも最高で、よく締まっていて、甘い味の最高の逸品を堪能できます。

 

しかし、北陸地方のズワイガニも侮れません。石川県で水揚げされるズワイガニは、加能ガニと呼ばれていて、身がぷりぷりの食感で、甘みも満点てず。福井県では、ズワイガニは越前ガニと称されています。福井県越前海岸で水揚げされたオスのズワイガニをそう呼びます。越前ガニは、冬の味覚の王者とも呼ばれていて、冬の厳しい環境から育まれた越前ガニは、身がしっかりと引き締まっていて、絶品です。

 

一般的に、北陸地方で水揚げされるズワイガニのオスは、香箱ガニと呼ばれます。これは、ズワイガニとしてはサイズ的にはかなり小さいのですが、身がとても甘いので、好評です。ぎっしり詰まった蟹味噌は、お酒のあてに最高です。出荷量も比較的少なく、産地以外では中々、口にできないところも人気に拍車をかけています。こうして見てみると、北陸陸地方では越前ガニ、北海道ではズワイガニと呼ばれているだけで、どちらも甲乙つけがたいです。

 

ズワイガニの種類

ズワイガニとはカニの一種ですが、食用のカニとして、非常に知名度のあるかにですよね。ほとんどが深海に生息しており、さらにカニの中でもかなり大きなタイプに入ります。大きなものになると、雄で足を広げて70cm近くもある非常に大きなカニになります。日本では、山口県の以北の日本海、そして茨城県以北の北太平洋などに生息しているみたいです。ズワイガニは特に冬の食材として有名ですよね。どういった方法で食されているのかと言うと、ほとんどが塩ゆでであったり、蒸しガニやカニ鍋などで食べられています。

 

特に新鮮なズワイガニになりますと、缶詰にして加工されています。味覚は、基本的に上品な味わいをして、甘みもありこってりとした味をしているみたいです。基本的にズワイガニは、冬に食べられる食材です。ですので、寒いフルになればずわいがにを購入してカニ鍋などをすると温まる上に、おいしい身を楽しむことが出来そうですよね。ブランドとしては、松葉ガニ、越前ガニ、そして加能ガニなどのブランドが存在しており、それぞれ異なった特徴を持っています。

 

越前がにとはどんな蟹?

越前がにとは、福井県で水揚げされるズワイガニのことです。正確には、雄のズワイガニのみを越前がにと呼びます。福井県の特産品の代表と言えるのが、越前がにです。越前がにの水揚げ漁港として有名なのは、越前町の小楠港、大楠港などの越前漁港と、三国町の三国港です。美味しい越前がにを購入する時のポイントは、越前がにの甲羅にあります。かにの甲羅に黒いツブツブがついていれば、そのかには美味しいということになります。黒いツブツブはカニが美味しく育つ海域に住む虫の一種なので、一見気持ち悪いと感じる人もいるかもしれませんが、越前がにの美味しい証拠なのでチェックしてみましょう。ズワイガニなので基本は他のズワイガニと大きさや重さなどは変わりません。

 

しかし、越前がにはその中でも甘くぷりぷりとした身が特徴です。肉質はひきしまっており、ぎっしりつまった身を食べると満足感も非常に高いです。越前がにはさらにカニ味噌も濃厚で、とろけるような舌触りです。最高級品種と呼ばれるのに相応しく、身も味噌も楽しめるズワイガニなのです。越前がにが美味しいのは、越前海岸沖という環境で育ったカニだからです。冬の寒さ、冷たい海水などがおいしいかにを育てる最高の条件です。

 

松葉ガニを食べたことがありますか?

松葉ガニとはズワイガニのことです。島根県、鳥取県、兵庫県、京都府など日本海側の山陰地方で水揚げされたズワイガニのみ、松葉ガニと呼ばれます。地域名や漁港名をつけて、ブランド化されているズワイガニというわけです。兵庫県の香住、柴山、浜坂、津居山や、京都府の間人、浅茂川や、鳥取県の網代などが松葉ガニの水揚げ漁港として有名です。カニはズワイガニに限らず、生息する場所の環境で味が変化します。山陰地方で水揚げされる松葉ガニは、他のズワイガニと比べてぎっしりと詰まった身、長い脚が特徴です。

 

松葉ガニと呼ばれるのは、正式には成長した雄のカニのみです。雌のカニは親がに、子持ちがになどと呼ばれ、若い雄は若松葉ガニなどと、本来は細かく区別されています。雄が立派に成長するまでは10年以上かかるとされ、その年月で重さが1キログラムほどになります。松葉ガニは殻が固く、ずっしりとした重みを持つものが美味しいと言われます。太いハサミを持っていれば高級な松葉ガニです。上品な甘さを感じさせるながら淡白な身は「カニの中で一番美味しい」と言われるほどの人気を持っています。刺身、焼きガニ、茹でガニ、かに鍋、カニしゃぶなど、どんな料理でも美味しくいただけます。